注目キーワード
NO IMAGE

お名前.comで取得したドメインをXSERVERに紐づける手順

NO IMAGE

こんにちは、Tamagoです。

XSERVER上でFlask(Python)を動かすために、いろいろ調べたのでアウトプットとしています。

この記事では、「お名前.com」で取得したドメインを「XSERVER」に紐づける方法を画像を多くつかって出来るだけ分かりやすく紹介していきます。

前提条件

  • XSERVERのアカウントがあること
  • お名前.comのアカウントがあり、独自ドメインを取得していること

持っていない場合は、以下のリンクから登録お願いします。

エックスサーバー
お名前.com

大まかな流れ

手順の大まかな流れは以下の二つです。

  1. お名前.comでサーバーの設定をする
  2. XSERVER でドメインを設定する

お名前.comでサーバーの設定をする

まず初めに「 https://navi.onamae.com/login 」お名前.comにログインします。

お名前.comログイン画面

ログインしたら、赤枠で囲った「ドメイン一覧」を選択します。

TOP画面

今回、取得したドメインは「nekopy-work.com」です。

まだネームサーバーを設定していない場合は、赤枠のように「初期設定」となっているはずです。

初期設定をクリックします。

ドメイン一覧

「ネームサーバー設定」へ遷移したら、少し下へスクロールし、「2.ネームサーバーの選択」で「その他」タブを選択します。

ネームサーバーの選択

赤枠で囲った+を2回押して「ネームサーバー5」まで作ります。

ネームサーバーの選択「その他」

こんな感じに「ネームサーバー5」まで追加します。

ネームサーバー追加後

そうしたら、それぞれのテキストボックスに「ns〇.xserver.jp」を入力していきます。

  • ネームサーバー1:「ns1.xserver.jp」
  • ネームサーバー2:「ns2.xserver.jp」
  • ネームサーバー3:「ns3.xserver.jp」
  • ネームサーバー4:「ns4.xserver.jp」
  • ネームサーバー5:「ns5.xserver.jp」

こんな感じに入力したら、「確認」ボタンを押下します。

ネームサーバー入力

確認画面が出てくるので「OK」を押下します。

あとは、しばらく待ちです。

登録してあるメールアドレスに「[お名前.com]ネームサーバー情報変更 完了通知 ドメイン名」でメールが送られてくるので送られてきたら次の作業を行います。

スポンサーリンク

XSERVER でドメインを設定する

次は、XSERVERの設定です。

サーバーパネル」からログインします。

サーバーパネルログイン画面

ログインしたら「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定

遷移後赤枠のタブ「ドメイン設定追加」を選択します。

ドメイン設定追加

そうしたら、「ドメイン名」に取得したドメインを入力します。

ここでは「nekopy-work.com」と入力しました。

入力したら、「確認画面へ進む」を押下します。

ドメイン入力

確認画面に遷移したら、「追加する」を押下します。

確認画面

そうすると追加が完了します。

そうしたら、表示されているURLにアクセスしてみてください。

追加完了

以下のように「無効なURLです」と表示されてビックリするとおもいますが大丈夫です。

反映には時間がかかるのでしばらく放置します。

URLへアクセス(反映前)

ちなみに「ドメイン設定一覧」のタブを選択すると赤枠で囲ったように「反映待ち」となっています。

これがなくなるまで放置です。1時間もたつと反映が完了します。

ドメイン設定(反映待ち)

しばらくしてから、同じ画面に入ると、「反映待ち」が消えました。

ドメイン設定(反映完了)

この状態で対象のドメインにアクセスすると反映が完了して以下のようなメッセージが表示されるようになります。

これで準備OKです。

あとは、お好きなサイトを配置してください。

URLへアクセス(反映後)
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

環境構築の最新記事8件