注目キーワード

おすすめのPython入門書籍3選

こんにちは、Tamagoです。今回は、「おすすめのPython入門書籍3選」というテーマでお話していきたいと思います。

自己紹介

普段は客先常駐でWebアプリケーションを開発しています。業界経験は5年目でWebアプリケーションの開発は1年半くらい行っています。

メインのフレームワークは「 ASP.NET MVC5 (HTML、CSS、JavaScript、C#)」でPythonのブログを書きながら独学で勉強しています。

ブログのテーマをプログラミング言語をPythonにした理由

ブログのテーマをPythonにした理由は、以前の記事「【おすすめ言語】Pythonでできること」でも触れていますが、習得しやすく、ライブラリが豊富で出来ることが多いことです。

習得のしやすさの理由として、C#やJavaと比べて環境構築、プログラム実行が容易に行えること、構文の制約でだれが書いても同じようなソースになることが挙げられます。

どのようなことが出来るかというと、「Webスクレピング」、「機械学習」、「エクセルの操作」、「Webアプリケーション」など様々なことがたった数行で実現できます。これに関しては初めてPythonに触ったときに衝撃をうけました。

Pythonをおすすめする理由

おそらくこの記事を読んでいる方は「Python 入門 書籍」とか「 Python 入門 」のキーワードで検索しているためプログラミング初心者の方が多いと思います。

せっかくPythonに興味を持って検索しているので学習することをおすすめします。

スポンサーリンク

どの言語問わずプログラミングの学習は挫折が多いです。

ですが、、、

一つの言語を覚えてしまえば他の言語の習得は比較的容易です。極論ググるだけで簡単なプログラムは組めるようになります。

なので、環境構築や構文が容易で挫折する要素がすくないPythonをおすすめします。

おすすめの書籍

おすすめする観点としては、文字が多すぎて小難しくなっていないこと。変数や分岐といったプログラムの基本的な部分が丁寧に説明されていることなどです。

ぶっちゃけ、プログラミングの学習は本を何周も繰り返すより、書籍で体系的にザーッとまなんでその後はひたすら書いて調べて実装しての繰り返しのほうが上達するので、すごく丁寧な入門書を1冊購入して分からない箇所を集中して読むといった学習方法で十分だと思います。

書店にて本の中を見てみてよさそうだったものをこれからご紹介します。どれも大体同じような価格帯です。個人的には一番上の「スッキリわかるPython入門」が一番詳しいかなと思いました。

最新情報をチェックしよう!

商品レビューの最新記事8件