注目キーワード

【Python】print関数内での改行方法(改行文字)

はじめに

プログラムの開発では、取得したデータやデバックのために標準出力を使います。Pythonで標準出力にメッセージを出力するためにはprint関数を使います。この記事では、print関数内で文字列を改行する方法(改行文字)について説明します。

対象レベル

Pythonの環境設定が整っており、Pythonの基本構文が理解出来ること。

詳しくは「【Python入門】〜初級編〜環境構築・基本構文まとめ」にまとめてあります。興味のある方はご覧ください。

サンプルソース

文字列の途中で改行するためには「/r/n」を使います。改行文字のような、 キーボードから入力できないような文字のことをエスケープシーケンスと言います。

エスケープシーケンスについては以下にまとめています。

スポンサーリンク

工事中

実行結果

こちらが実行結果です。print関数ないで指定した文字列が正しく改行されています。

sample_print.py実行結果

まとめ

特殊な文字はエスケープシーケンスを使う

改行文字は「\r\n」を使う

最新情報をチェックしよう!